特集記事[2016年10月26日更新]

2016年10月施行の法改正、“106万円”の壁と向き合う働き方


パートを始めるときに良く目にする「103万円」と「130万円」の壁。
これに2016年10月施行の法改正により、新たに「106万円」の壁ができたことをご存じですか?
知らなかった、よく分からないという方はどういったものかきちんと理解して
今後のお仕事選びの参考にしてみてください。

お仕事についてのQ&A


Q

106万円の壁って何ですか?


A

今までは年収130万円を超えると、配偶者の扶養への加入が認められず、自分で加入しなければいけませんでしたが、2016年10月施行の法改正により、社会保険の加入対象の年収が「130万円」から「106万円」に引き下げられたため、「103万円」「130万円」続き新たに生まれた「壁」のことをいいます。
現時点(2016年10月)では社会保険加入適用対象になるものが限定していますがいずれは対象の数も増えてゆくので、突然その時が来て慌てるよりも今の内から準備しておくといいでしょう。

Q

具体的にどうしたらいいでしょうか?


A

現状、年収が103万円未満の方は特に問題ないのですが、今まで130万円未満で社会保険の扶養内だった方は年収をどうするか考え直す必要があります。
年収103万は所得税が掛からず、全て扶養内で収まるのに対して、年収106万円だと年間10万円以上が社会保険料で取られることになります。さらに年収が120万円までは103万円の時と手取り額がほとんど変わらないという状況です。そのため、思い切って扶養から外れてしまい130万円を超えるよう調整したほうがいい場合もあるでしょう。

Q

フルタイムで働けないのですが106万円未満にするか、130万円を超えるか悩んでいます。


A

北陸求人ドットコムでは正社員の求人以外にも、パート・アルバイトや、派遣・契約社員といった求人もありますのでご検討ください。企業によっては勤務時間の相談の融通がきくところもありますので、まずは紹介元や企業にご相談ください。

現在募集している「派遣社員」「契約社員」「パート・アルバイト」の求人


  • 契約社員の求人はこちら
  • 派遣社員の求人はこちら
  • パート・アルバイトの求人はこちら


お問合せはこちら